背中の空いた洋服を買ってきてみたら、背中のシミが目立って買った洋服が着れないなんてことありませんか?背中って自分では毎日見ないから、シミができててもなかなか気づきません。そこで、背中にシミができて困ると言う女子の為に背中にできるシミの原因とキレイにする方法を紹介します。

背中にシミができてしまう原因とは

強い紫外線を浴びたおかげでメラニン色素は多量に生じて、素肌には色素沈着が起こり背中のシミを発生させます。

背中にできるシミについては光線花弁状色素斑と言われるものがあげられます。肌を露出して海とかプールにいることで、、背中には日光の紫外線を長期間浴びせられるという訳です。日焼けが原因の水ぶくれが済んだあとにできるシミを光線花弁状色素斑と言います。

背中にできてしまうシミというのは、老人性色素斑だったりソバカスとか脂漏性角化症などが挙げられますけれども、これに関する要因においても間違いなく強い紫外線に影響を受けるものと言えます。

お肌の代謝サイクルが滞ってしまって、古い角質が蓄積され毛穴を閉めてしまうおかげで背中のシミを発生させます。

食生活がアンバランスになり、生活リズムが乱れたり、食事制限のやり過ぎとかイラつきなんかで、ホルモンバランスが異常をきたし背中のシミを発生させます。

背中の皮脂分泌は活動的になってしまって毛穴は塞がってニキビが発生してニキビ跡に変わり背中のシミを発生させます。

ストレスというのは皮脂の分泌に刺激を与えてしまう為、毛穴が目詰まりし背中のシミの要因になります。

背中のシミをキレイにしたい時はどうすればいいの?

背中に強い紫外線を浴びすぎないように、素肌の露出を控えたり日焼け止めクリームを使用したりした方が良いでしょう。

ピーリングとかで背中の古い角質を排除しておくことで、お肌のターンオーバーは整いシミもなくなりやすい素肌に変化します。真新しい肌に入れ替わるに伴って、栄養が浸透しやすい結果になりお肌はワンランク明るくなっていくのです。

ビタミンCとかビタミンAというものは抗酸化作用が強く、背中のシミには効果が見られるサプリなので摂り入れるようにすることをおすすめします。

お肌の潤い対策を実践して、深い眠りをきちんととり、偏りゼロの食事内容でお肌の正しい代謝サイクルをキープできることを意識するといったやり方も重要なのです。

皮膚科を利用して背中のシミをケアするケースでは、メラノサイトにダイレクトに働きかけ、素肌の回復を活発化させるハイドロキノンというものを塗ることもあるでしょう。